映画で学ぶ英語:ひと晩考えたい時に使える表現【コードネームU.N.C.L.E.編】②

最近、Twitterで柄にもなく真面目なことを呟いてしまったんです。Twitterでは出来るだけ正気を失うことをポリシーにしてるんですが。

で、真面目に呟いたツイートにそれなりのリアクションを頂いた後、深夜に1つのリプライが付きました。目を通して驚きました。私のツイートの主旨をまるっと無視して、そいつの言いたいことだけ言ってやがるリプライだったからです。

頭に血が上りました。思わず個人的に禁じている引用RTで反撃してやろうかと思いました。(引用RTはネガティブな意図では使わないようにしています、やられた方の気持ちがわかるので)

怒りに身をまかせることもできたのですが、前述したように時刻は深夜だったので、一旦すべてを忘れて寝ることにしました。

で、ふとコードネームU.N.C.L.E.の劇中のシーンが頭を過りました。

wwws.warnerbros.co.jp

コードネームU.N.C.L.E.についてのあらすじや概要については、1つめの記事を参照していただけるとわかりやすいですし、AmazonでBlu-rayを1000円以下で買えてしまうので映画をご覧いただければ更に理解が深まるでしょう。ちなみにこれはダイレクトマーケティングです。

話は戻りまして、劇中の1シーンの話です。

ソロとイリヤとギャビーはそれぞれ身分を偽り、とあるパーティーに潜り込みます。そこでイリヤは敵に関する重要な手がかりを掴み、パーティー後その資料をソロに提示します。

「今すぐ行動しなければ」と主張するイリヤに、ソロは資料を持ち去りながらこう答えます。

"I'm gonna go sleep on this."

ここでソロは、"sleep on"というイディオムを使っています。これは別に資料を敷いてその上で眠るわけではなく、「ひと晩考える」「決断を明日に持ち越す」ことを意味します。

余談ですが、劇中ソロはgo sleep on thisと言っていますが、これはgo (and) sleep on〜の意味です。動詞が2つ続く場合には、動詞と動詞の間のandが略されている時があります。(do/does/didの後に動詞を続ける場合は、強調を意味します。が、それについては機会があれば書きます)

gocomeの後に動詞が来る場合、動詞と動詞の間のandが省略されています。
"Let’s go see the movie." (映画を観に行こう)とか、"Come see me."(会いに来てよ)というような使い方をします。ちなみにこの省略はアメリカ特有という話もありますが、断言はできません。

映画のこのシーンでソロがいた場所はソロの部屋ではなかった(あるいはこのシーンの後ソロは移動するつもりだった)ので、go (and) sleep on〜と言ったのです。

世界の危機を招きかねない敵の策略の手がかりを前にして、ひと晩考えるというのはCIAスパイとしてはあり得ない発言のように思えますが、それはそれとして、このイディオムは日常的に割と使えるのではないかと思います。

答えに迷った時、決断を迫られた時、急なことで頭の中の整理がつかない時、

"I'm gonna sleep on it."(ひと晩考えてみる)

"Let me sleep on it."(ひと晩考えさせて)

と言ってみましょう。あなたの混乱ぶりが相手に伝わって猶予ができるかもしれません。

そして、頭に血が上って軽率な行動をしてしまいそうな時には自分自身に囁きましょう。怒りはひと晩も続きません。

冒頭のリプライについてですが、ひと晩寝た結果、翌朝そのアカウントをミュートする判断を下し、私のTwitterライフに平和が戻りました。

f:id:whooomeee:20190618172014j:plain

 

  

ゴジラ/キング・オブ・モンスターズ雑感【ネタバレ】

godzilla-movie.jp

 

 

f:id:whooomeee:20190613194311j:plain

 

ネタバレなしで言いたかったこと↓ 

 

 

以下すべてネタバレです。(ふせったーからの転載)

続きを読む

2019年

f:id:whooomeee:20190101151840j:image

昨年、母方の祖母が亡くなった。一昨年に父方の祖母と母方の祖父が亡くなったことを考えると、戦前生まれの人たちは本当に誰も彼も平成の終わりを見たくなかったのか、と思ったりもしたが、母方の祖母は亡くなるまで至って健康であった。それ故に母方の家族は、寂しがり屋だった祖父が祖母を呼んだのだろうと話し合った。恐らく祖母は祖父に怒っていることだろう、早く呼び過ぎだ、と。祖父亡き後、祖母は割とのびのびしていたから。

そんな訳でまた、新年を祝って良いものかどうか判じかねる年明けとなった。新年恒例の親戚の集まりがないので、またしても帰省しない。のんびりとした正月である。

年末年始という交通機関が大混雑する時期の帰省は割と大変なミッションだが、今年はどうか誰も欠けず、来年はぜひ帰省したいなと思う。

 

さて、年頭なので目標を、と思い、昨年の目標を振り返ってみた。

・週に1回は泳ぐor運動する。毎日ストレッチする。

・仕事の単価を上げる努力をするor仕事を習慣化できるようにする。

・海外旅行に行きたい。

驚くべきことに3項目中2項目は達成できた。

必ずというわけでもないがボルダリングに定期的に通うようになったし、5月にジャージー島(イギリス)にも行った。これはなかなか素晴らしい。

達成できていないのは仕事関係だけである。

 

ということで今年の目標。

・やり甲斐とそれに見合った報酬を得られる仕事に就けるよう尽力する。

・海外旅行に行く。

ボルダリングを続ける。

 

あとは何は無くとも健康第一で。

皆さま今年もよろしくお願い致します。