常に半ドア。

ドアなんてちゃんと閉めなくていいから走ったらええんや(運転中は閉めろ)

楽しい映画で何が悪い/チャーリーズ・エンジェル【ネタバレなし】

チャーリーズ・エンジェルを観てきた。

 

f:id:whooomeee:20200221203425j:plain

公式サイト

 

そもそもあんまり観る気はなかったのだけど(本国で不評と聞いた)、以下の記事を読んで観たいと思った。

『チャーリーズ・エンジェル』は「フェミニズム的に問題がある」の問題 - wezzy|ウェジーwezz-y.com

ネタバレなしの感想はというと、

こういう映画今までたくさん観てきたな、男だらけのキャスティングで。

だった。

ハリウッドのアクション映画が好きでたくさん観てきたけど、キャスティングはだいたい男5に対し女1〜2私見)だった。そしてチャーリーズ・エンジェルでその比率が逆転したからと言って、特に何の問題もなかった。

こりゃあ男は居心地悪いだろうなと思う演出はいくつかあったけれど、それが何だって言うのだろう。今まで、男に利用されるだけの女性を映画の中で山ほど見てきた。

お色気だけを添えるためにヒーローの脇にいる女、敵の情報を得るためだけに抱かれる女、ギャーギャー騒いでトラブルを招くだけの女、ヒーローを窮地に陥れるため敵に利用されるだけの女、ストーリー進行には邪魔なことしかしないのに何でいるんだろうという女etc.

だったら、この映画みたいな展開もアリだろう。これはフェミニズムのための映画じゃなくていい。ポップコーンムービーだ。頭を空っぽにして観る映画に、主義主張なんぞなくていい。

エンジェルたちの人種がバラエティ豊かなのは時代だろうけど、サビーナ(クリステン・スチュアート)、ジェーン(エラ・バリンスカ)、エレーナ(ナオミ・スコット)のバランスがとても良い。

ずーっと軽口叩いてるけど決める時は決めるサビーナ、プロ意識が高くメチャ強いジェーン、巻き込まれた一般人SEだけどいざという時に芯の強いエレーナ。

全員カッコいい。そしてこの3人のシスターフッドが全編に渡ってとても心地よい。それだけ?と言われれば、それのどこが悪いんだろう、と思う。

オーシャンズ8が公開された時にも、「ストーリーに無理がある」とか何とか文句が出た記憶がある。だったら、オーシャンズ11ジョージ・クルーニーが出てた方)がそんな折り目正しい映画だったか?って話だ。続編が出る毎に割とアホな展開はあったよ、付け鼻がデカすぎてシャンパン飲めないマット・デイモンとかいたじゃん。

007も、ミッションインポッシブルも、オーシャンズ11も、やりたいことやってんだからチャーリーズ・エンジェルにだけフェミニズムを求めるのはおかしな話だ。

だからこれから、こういう映画がどんどん増えればいいと思う。

 

↓リンク先ネタバレ感想

@whooomeeeさんの伏せ字ツイート | fusetter(ふせったー)fusetter.com