【英語やり直し】文法とリスニング:その①

ご無沙汰しまくってました。

【英語やり直し】の記事にも書いたように、モチベーションは上がって下がって下がって上がっての繰り返し…ということでご無沙汰の言い訳にします。

 

さて、最近ツイッターを見ていると「とりあえず英語がリスニングできるようになりたい」「(相手が)英語で何言ってるか何となくわかるけど返答できない」というツイートを散見しまして。

自身を振り返るに、学生時代の英語の成績は悪くなかったんですが、留学してみたらリスニングとスピーキングはまるで役に立たなかったんですね。それで、留学先のカレッジでは能力判定テストを受けた上で、ESLでも下から2番目のクラスに振り分けられました。

これは多少なりとも英語に自信があって留学した自分にとってかなりショックでした。リーディングの講義を受けていても私にはレベルが低すぎる、なんて思って先生に直談判したほど。しかし先生は、それはそれはゆっくりとした英語で「あなたは確かに文法はできてるかもしれない、けれどリスニングとスピーキングは足りない。このクラスから始めるべき」と言われ、それに従いました。先生は正しかったと思う。リーディングの講義のリスニングができなければ他の講義も到底理解できるはずはない。こんな意味のないことはないですもんね。

 

そして私は無事カレッジを卒業してかれこれ10年経った訳ですが、日本にはまだまだ英語へのコンプレックスを持つ方々がいて、これは何だろうな〜と考えたのです。

私は好きな俳優さんのインタビューを読んだり動画を見たりしてリスニングをすることもあるのですが、果たして皆がどうすれば英語のリスニングができるようになるのか、あるいは話すことができるのか、私は人に教える術を持たない。でもそれっておかしい。だって私は多少英語がリスニングできて、拙いながらも話すこともできる。だったら私の中には英語をリスニングして話す回路があるはず。

なので今回は、私が英語をリスニングする時どう『聴いている』か、ちょっと分解してみたいと思います。

 

ではまず、以下の英語の文章を見てください。

 

Mr. Jones, of the Manor Farm, had locked the hen-houses for the night, but was too drunk to remember to shut the popholes.

 

これはジョージ・オーウェルのAnimal Farm(邦題:動物農場)の初めの一節です。(余談ですが、初めに書いた、留学時に入れられたESLのリーディングクラスで読んだのがこのAnimal Farmでした)

Animal Farm (Penguin Essentials)

Animal Farm (Penguin Essentials)

 

リスニングの話なのにいきなり何?と思われたかもしれませんが、英語を話す人たちは当然文法を守って話しているわけで、リスニングにも文法は不可欠だと思うわけです。で、ここからざっくりとした文法の話になります。

 

ざっくりとした、と書いたのは私が英語を教えるスキルも資格も持たず、完全に自己流だからです。

私が上記の一節を読む時の、脳内では大体こんなことが起こってるよ、というメモを以下に貼ります。悪筆失礼します。

f:id:whooomeee:20181208150833j:image

英語には基本5文型というのがあり、それは私も昔習ったのですがすっかり忘れています。メモにはごちゃごちゃと書きましたが、私が英語の文章を見て最初に認識するのは「主語」「動詞」「その他」だけです。

もちろんリスニングの場合にも共通しますが、私は英語の意味をつかむ時、とりあえず「主語」と「動詞」を探すところから始めます。

「主語」が何かor誰かを把握して、そして「動詞」+「その他」の部分で「主語」が何をしたのかorどういう状況なのかをつかみます。何なら単語の意味は1番最後に調べます。

そして上記のメモのように考えて何となく意味をつかんで日本語にしてみた結果が以下。

 

 「Manor農場のジョーンズさんはその夜、hen-houseの鍵は掛けたが、酔っ払いすぎてpopholesを閉じられなかった」

 

わからない単語はとりあえずすっ飛ばしてます。これと同じ方法をリスニングでも使います。というか使えれば、リスニングができる、と思う。そしてあわよくばスピーキングも。。。

次回は、文法を踏まえてリスニングする方法を書ければいいなーと思います。