May I help you?と言われたら

f:id:whooomeee:20180201195655p:plain

 

お店に入って店員さんに声をかけられると、途端に居心地が悪くなることないですか。日本でも嫌なのに、ましてや海外なら尚更。

こちらはぼんやりとウィンドウショッピングしたい。店員さんは品物を売りたい。せめぎ合う思惑。

英語圏の店員さんであれば、大抵こう聞いてきます。

 

May I help you?

 

いらっしゃいませ、と訳されることが多いフレーズだけど、英語に忠実に訳すと「お手伝いしましょうか?」って感じ。この場合お買い物のお手伝いですね。

で、こう聞かれた時に店員さんに何と言えばそれ以上構われず、お互い気持ちよくいられるのか。

それには、この一言だけで大丈夫。

 

I’m just looking.(見ているだけです)

 

アイムをすっ飛ばしてJust looking.だけでも。

これでもうこちらから声をかけるまで放っといてくれます。

フレンドリーな店員さんだと、さらにHow are you?とかHow are you doing?とか訊いてくることがありますが、FineGoodと答えましょう。ここでもアイムをすっ飛ばしてOKです。

 

余裕があったらHow are you?(あなたは?)と訊き返してみてもいいでしょう。You?だけでも通じます。この時、ちょっと大きな声でユー↑↑↑?と言うのがコツ。声がちっちゃいとユー?が虚空に消えていく哀しみを味わうことになります。

日本の中学校では初対面の挨拶として

How are you? -I'm fine, thank you. And you?

と習いますが、そのやり取りを究極に簡単にした感じですね。

 

 

買いたいものを見つけたら、レジに行って

Can I have this one, please?(これ下さい)

 

会計し終わったら

Have a nice day!(よい1日を)

と言ってお店を出ると、慣れている人っぽくなります。

もし先に店員さんに言われたら、返事はYou too!(あなたもね)

 

How are you?からHave a nice day!/ You too!の流れは、アメリカのスーパーやコンビニのレジでもよく交わされる挨拶なので、覚えておくと気持ちの良いお買い物ができると思います。